幕末!京都史跡マップ「佐久間象山・大村益次郎遭難之碑」|観光スポット・観光・グルメ情報など、京都情報や観光のことはおまかせ下さい!

HOME > 幕末聖地巡礼 > 幕末!京都史跡マップ「佐久間象山・大村益次郎遭難之碑」
京都の幕末聖地巡礼

幕末!京都史跡マップ「佐久間象山・大村益次郎遭難之碑」

木屋町御池を少し上がったところ(北に行ったところ)に「佐久間象山・大村益次郎遭難之碑」はあります。

001

佐久間象山は、朱子学を始め陽明学や蘭学などあらゆる学問に興味を向け多くの人材と交流を持ち、坂本龍馬や吉田松陰などの師匠としも有名です。

しかし、象山の膨大な知識と先進的な考え方は当時の常識とはかけ離れ、それが仇となる結果になりました。日本の近代化を願いつつも元治元年に、攘夷派に襲撃されて殺害されてしまいます。

大村益次郎は、緒方洪庵の適々斎塾で、塾頭を務めた秀才で、宇和島藩では、軍艦の製造にあたっています。後、その才を買われ長州藩に。藩の軍制改革を務め上野の戦で本領を発揮。
明治政府では兵部大輔の任につくも維新以降の扱いに不満をもつ浪士に襲われ命を落としてしまいます。

002

木屋町三条には、「佐久間象山・大村益次郎遭難之碑」への案内石碑『北へ約壱丁(約110メートル)』もございます。

確かにそれぐらいの距離です。桜の時期は高瀬川沿いに桜並木が続きますので、お散歩がてら少しお散歩もいいかもしれませんね。

003

史跡マップ

高瀬川一之船入 長州藩邸跡・桂小五郎像 佐久間象山・大村益次郎遭難之地 坂本龍馬寓居之地
観光スポット・観光・グルメ・オススメ店舗などの京都情報は「京都プレス」にお任せ下さい!
Copyright© 2014- http://www.kyotopress.jp/ All Rights Reserved.