その11 | 検定試験の結果が届きました|観光スポット・観光・グルメ情報など、京都情報や観光のことはおまかせ下さい!

その11 | 検定試験の結果が届きました

gyobyの京都検定挑戦日記

1月29日、第11回京都・観光文化検定の合格者が発表されました。

京都検定の公式サイトで各級の合格者の受験番号を見ることができ、いちおうドキドキしながら確認。無事2級・3級ともに合格しておりました。

で、昨日の30日に試験結果ならびに合格証が郵送されましたので、証拠がてら晒しますね。

3級の試験結果

まずは3級の試験結果から。

中ほどに受験者データがありますが、受験者数は3,330名と、前回(2,988名)より微増してますが、合格者(1,640名)は前回(1,843名)より減っています。

合格率で言うと、前回61.7%に対し、今回は49.2%。前々回(第10回)の合格率が73.1%だったことから考えると2年連続で下がったことになります。

京都検定は、たまたまだとは思いますが、合格率が1年おきに上下し、基本奇数回は合格率が高く、偶数回は低くなる傾向がありました。

その傾向から言うと「今年は合格率は高くなるんじゃないか」と予想されてたわけなんですが、今回はそれが裏切られた形になります。

次に設問別平均点を見てみます。

これは受験者全員の平均点ですが、大問3と8の平均点が低いです。大問3は「建築・庭園・美術」に関する設問、大問8は「国宝」に関する設問でした。

大問3のほうは過去にも出された問題が多かったのですが、大問8の国宝に関してはけっこう盲点で、いままであまり出されていないものが多かったように思います。

おそらく今後出題頻度は上がってくるんじゃないでしょうか。

2級の試験結果

続いて2級です。

こちらはさらに合格率が下がっており、受験者数(2,185名)は前回(2,108)とほぼ同じなのに合格者数(1,182→567)は半減しています。

合格率は25.9%で過去ワースト4ですね。

設問別平均点は3級と同じく大問3の「建築・庭園・美術」の数字が悪く、みなさんだいぶん手こずられたようです。

僕はたまたま試験直前に画家とか仏師に関してまとめて勉強していたので、なんとか踏み止まることができました。

なんてラッキーなんでしょうw

合格者特典

さて、京都検定の合格者にはもれなく様々な特典が付与されます。

試験結果に同封されている案内を見てみると、けっこうお得です。

なかでも「京都国際マンガミュージアム」の優待特典。2月1日~3月31日までの期間限定ながら、常設展入場料が無料になります。

これ普通だと800円というけっこうな値段を○ラれるので、期間中入り浸ったろかなと思っています。

あとは世界遺産二条城。これも同じ期間限定ですが、入城料が無料です。

じつは僕、二条城行ったことないんです。横とか前とかは何回も通ったことがありますが、中は未知の世界。

これを機に世界遺産を見てきます。

他にも、京都にあるいくつかのホテル利用が割引されます。まぁ宿泊することはほぼないですが、レストランも割引されるので、ランチなんかで利用することはあるかもしれません。

京都以外に在住の方には、宿泊料が最大30%割引のホテルなどもあるので、京都にお越しの際はかなりお得なのではないでしょうか。

 

以上、合格者発表の報告でした。

観光スポット・観光・グルメ・オススメ店舗などの京都情報は「京都プレス」にお任せ下さい!
Copyright© 2014- http://www.kyotopress.jp/ All Rights Reserved.